スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

親目線

今まで殆どドラマを見ていなかった私ですが、

ジョギング中に見て以来すっかりハマリ、レンタルDVDを利用するようになりました。

やっぱり、そこそこ視聴率が良かったものは、面白い!

近所のレンタルショップは毎週水曜日半額なので、暫く通いそう~(^^)v

夕飯の片付けを終えて寝るまでの間に、見ています。

で、改めて感じたのですが、

主人公が難病にかかるドラマを見た時は、どうしても親目線。

難病にかかった主人公とその恋人の恋愛模様よりも、親の一言一言に感情移入して涙してしまいます。

それだけ長く生きたということなのかな。

息子が難病にかかり自分を責める母親の気持ち、

娘の決断に、本当は反対だけれど、信じて背中を押す父親、

涙ものを見ている週は、毎晩泣いています。


「年を取ると全ての穴が緩くなる」と言いますが、

・・・確かにその通りです。。


スポンサーサイト

2014/03/17 22:23 | 未分類Comment(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。